パリ Maison et Objet レポ5

2017.03.15 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:Maison et Objet

     

     

    前回書いたようにリゾート風を日本でおしゃれに見せるのは、なかなかしんどいと書きましたが。

    だからこそ、めいっぱいイベント空間ではディスプレイを楽しみました。

    どっしりとした重厚な家具に荒い自然素材のファブリックなどを組み合わせて、ざっくりしていながら素敵に見せる。

    ほんと、これが様になる空間の広さと光がうらやましい!

     

     

    自転車もうまく使ってディスプレイ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    照明大好き。

    躯体に関わるシーリングやペンダント、ブラケットなどは、簡単に手が出せない分素敵なデザインを見つけるとため息が出てしまいます。

     

     

    床ぎりぎりまで照明を落とすペンダントの使い方。

    ディスプレイでのみ有効な飾り方ですが、ガラスの透け感といい、おしゃれ!

    似たようで違うシェードの形をどこにどう配置するか、勉強になります。

    照明をいかにうまく使うか、これはインテリア・コーディネーターの重要なスキルです。私もまだまだですが、個人的に照明は大好き。

     

     

    番外編

    借りてるアパートの中をウロウロする猫。野良かな。半野良かな。

    人懐こいわりに、あっさり去っていく後姿。

    ほんと、フランスには猫が似合う。ご存じのとおり犬の糞が平気で街中に落ちているパリですから、大型犬を飼っている人はたくさんいます。でも、同じかそれ以上に猫を飼っている人が多い!当然アパートでは家猫、戸建ての家なら半野良が多いですね。

    気まぐれでツンデレな感じ、フランス女性に似てるかも?なんて言ったら怒られそうですが。

    スポンサーサイト

    2017.04.25 Tuesday

    0
      コメント
      コメントする